公害防止管理者試験の体験談(2018年)

2018年度の公害防止管理者試験の体験談をまとめました。勉強をするときの参考にしてみてください。

大気1種体験談(フミさん)

受験科目
[大気概論]

<学習期間>
・3週間前からエッセンシャルの読書し始めて
・2週間前~1週間前までで こちらのサイトにある過去問10年分を解いてA5ノート5枚くらいにまとめ
・1週間前からエッセンシャルの巻末問題と過去問復習しました。

<学習物>
オーム社の問題集
・産業環境管理協会エッセンシャルの大気概論
・こちらのサイトの過去問10年分
エッセンシャルの例題はあまり実問の形に合ってない問題でした。
ただエッセンシャル巻末のまとめ問題は非常によかったです。

<実学習での覚え方>
私は以下の(1)~(6)の形で覚えました。

(1)【問題法則を覚える】
例)
・基本と付いたら国または政府の範囲(基本法・基本計画)
・基準とついたら数値の話なので環境省の範囲[地域性高い場合(総量規制)は知事]
・都市や上乗せなら知事の範囲(都市計画・条例の上のせ基準)
*規制基準に違反したら改善命令
*抑制基準に違反したら勧告

オゾン層破壊するのは塩素と臭素原子なので名前に
・クロロ、塩化
・ブロム、臭化
が付いたらオゾン層破壊気体の対象。

(2)【意味を考える】
例)
環境基準は統計的に有意が出ない値の1/10値とされています。
つまりピークで基準値を超えてもただちに健康被害がでるわけではないので罰則や行政処分はないわけです。(ピークが大きかったり連続超なら知事から改善命令はでます)

また管理者は【装置管理者】なので有資格者である必要があり、統括者は【経営側の責任者】なので資格は必要はないですが、事故が起きた時には経営責任をとる必要がある。

植物の感受性、オゾンは酸化物なので、葉物野菜と朝顔(pHで花の色が変わる)が、感受性強(耐性は弱)
ミカン,ゼラニウム,グラジオラスは、弱酸性土を好むので感受性弱(耐性は強)

(3)【短く自分が理解しやすい言葉に言い直す】
例)
公害防止管理者の仕事について
出し入れする物、装置と測定器の点検と記録。
+測定器修理と事故の応急処置。
改善、発注や装置自体の修理は規定範囲外。

(4)【図や表に視覚化する】
・期限や数値範囲などは棒グラフ
・責任範囲などは集合図などで表現
・数値関連は簡略化表に
これをする事で文字の羅列より腑に落ちやすくなります。

例)達成率(90%以上=ほぼ達成)
——-|一般———|自排———|
SOx—|ほぼ達成—-|100%——-|(SOxは一般ほぼ達:自排100%)
NOx—|100%——|ほぼ達成—–|(NOxはSOxの逆転)
CO—-|100%——|100%——–|
光化学|0%(約80日)|0%(約100日)|(光化学はダメダメ)
SPM—|ほぼ達成—|ほぼ達成——|
PM2.5-|約75%—–|約60%——-|(年変化あるが一般>自排)
【過去問見るに位置逆転か20%以上の値変更が問】

(5)【小数点以下の数値は漢字分数化】
私は0.1と0.01と0.001とかゼロ並んでいるだけで覚えるのが嫌になるので、十分の1,百分の1,千分の1として覚えて答えの段階で変換します。
もっとも 私は電気屋なので指数化の1e-1,1e-2,1e-3の方が慣れてはいるんですが。

(6)【過去問から法則を見つけ出す】
例)公害防止組織整備規定のばい煙施設の問題
ここは過去問から見るに数値は問いにされてないようです
別法になる廃棄物焼却炉か条件(~に限る、~を除く)が過去問で問われていたので その部分だけ覚えました。

以上の形で、学習しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とりあえず、目標の大気1種は取れたっぽいので
来年は日程がバッティングしている別資格を取って
再来年機会があったら騒音振動を受けようと思います。

<最後に>
自己流の学習紹介とかで参考にならなかったかもしれませんが
少しでも誰かの役にたったら幸いです。
それでは 機会ありましたら また。

▲ページトップにもどる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする