ポッキンアイス(チューペット)の「長い方」と「短い方」どちらに中身がたくさん入っているか調べてみたよ♪

突然ですが、
このアイスの名称を何と呼びますか??

ちなみに僕は、「チューチュー」と呼びますが、奥さんは「ポッキン」と呼ぶそうです。

いろんな呼び方をする方がいらっしゃいますね

なお、ググると、以下のように呼ぶ方が多いそうです!

  • チューペット
  • ポッキンアイス
  • チューチュー
  • チューチューアイス
  • チュッチュ
  • 棒アイス
  • ポッキン

今回は便宜上、「ポッキンアイス」と呼ばせてもらいます。

このポッキンアイスと言えば、
子どもたちの間で必ず発生する問題がありますよね。

そうです、
「長い方」「短い方」どちらの方が量が多いか?

という問題。

我が家でも、半分にしよて分けようとすると、息子と娘がいつもケンカをしております。

「長い方が量が多い!」と思っているようです。

僕としては喧嘩になっては困るので、「どちらも量は一緒だよ!」と喧嘩を仲裁しているのですが・・・実際の所どうなんでしょうね??

気になりだしたら、調べたくなる性格の僕。

夏休みの定番バトル(笑)を解決すべく、早速調査に乗り出しました!

1.凍らせて分割した後、重量測定

(1)短い方(取っ手が無い方):37.5g


(2)長い方(取っ手がある方):38.0g

お、長い方が0.5g重いぞ!
これは、やはり長い方が量が多いのか?
ただし、容器の形状が異なるので、これだけでは決着つかず。
次に、容器の重さを計測することにしました。

2.容器重量計測

容器を傷つけないように食べた後、水で洗って、乾燥させました。
これを重量計測。

(1)短い方(取っ手が無い方):1.0g


(2)長い方(取っ手がある方):1.5g

お、取っ手がある分、容器重量が重いのか!

3.結論

(1)短い方
37.5g(全体重要)-1.0g(包装重量)=36.5g(中身)
(2)長い方
38.0g(全体重量)-1.5g(包装重量)=36.5g(中身)

ま、まさかの中身の量は、全く一緒!という結論。

えーーー面白くない、微妙ーーー(笑)。

でも、これで、自信を持って、「どちらを選んでも中身は一緒だよ」と子供たちの喧嘩を仲裁できますね。これは、僕にとっては大きな収穫です。

(注意点)
なお、今回使用した重量計は料理用の簡易なもので、計測目盛が0.5g単位です。このため、計測方法によってはビミョー――に違う結果が出てくる可能性があります。ただし、基本的には、この調査内容を覆すような大きな違いは出ないものと考えています。仮に、0.5gくらい計測誤差があっても、そこを気にすることはないでしょうから(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする