ホテル紹介サイトで東横インが紹介されない理由  ネット上の情報をすぐに信じるとだまされるかも!?

ビジネスパーソンがよく利用する、ビジネスホテルの代名詞と言えば、東横インです。

東横インは以下のような特徴があり僕も重宝しています。

  • 東横インの会員になれば、割引があります。
  • 10回宿泊すれば一回分のシングル無料宿泊券がもらえるのが魅力的です。
  • 当日16:00までキャンセル料が取られない
  • 宿泊費も非常に安い(特に海外の東横インのコスパは非常に高いと思います。海外で安心できるホテルはそもそも非常に高価なのに、日本と変わらない値段で宿泊できます)
  • 朝ご飯がおいしい(僕は、炊き込みご飯やカレーがあるとテンションが上がりますw)

上のツイート&写真は僕が東横イン博多口駅前(シングル館)に宿泊した時のものです。博多駅の目の前なのに、6千円台の料金で、本当に便利&お得でした。

でも、この東横イン。
あまり、ホテル紹介サイトなどで紹介されていないです。

なぜでしょうか?

今回の記事の中では、ネット上で東横インがあまり紹介されない理由と、そこから学べることについて書いてみようと思います

東横インがネット上であまり紹介されていない理由

それは、以下の2つの理由です。

(1)アフィリエイトプログラムが存在しないから
(2)公式サイトでの予約が最安値だから

ネット状の広告料金でお金を稼ぐアフィリエイトが非常に広まってきています。ほとんどのホテル紹介サイトはアフィリエイト広告があるホテルを紹介したがります。そうしないと報酬がもらえないからです。

このような状況にも関わらず、(1)東横インにはアフィリエイトプログラムが存在しません。
もちろん東横インも楽天トラベルなどを通せば(介せば)、アフィリエイト広告を載せることも可能です。

ただし、(2)公式サイトが最安値ですし、公式サイト以外を経由しての予約の場合、シングル無料券のポイントがたまりません。

ですので宿泊者からすると、公式サイトからの予約以外あまりメリットがありません。

サイト運営者にアフィリエイト報酬が得られるメリットが無い、宿泊者側にも公式サイト以外から予約するメリットが無い。

これらの理由で、東横インがホテル紹介サイトで紹介されにくいという事情があるのです。

でも、感覚的にはビジネスパーソンのかなりの割合の方は「東横イン」を頻繁に使われているのではないでしょうか?そして、東横インの評価は高いのではないでしょうか?

ネット上では「良いもの」が紹介されるわけではない

このように、インターネット上では良いものが紹介されるのではなく、紹介者にメリットがある(紹介料、アフィリエイト報酬がもらえる)ものが紹介される傾向にあります。

ですので、ネットの口コミや紹介サイトを参考にするときには注意が必要ですね。

しかし、ここで問題が一つ。

紹介者側にメリットがあって紹介されているサービスやモノの中にも「本当に良いもの」もあるという点。ですので、たくさんある情報の中から「正しい情報」を見つけ出すことが重要です。

ネットの紹介の情報を見るときには、以下のことをよく考慮しながら調査してほしいと思います。このようなことを「見分ける能力」が情報化社会において非常に大事になっているのではないかと思います。

  • そのモノやサービスは本当に良いものなのか
  • 紹介者側にメリットがあるので紹介されているだけではないのか

よく、考えてみてくださいね。

ネット上の情報をすぐに信じてしまうと、だまされることがあるんです!!

ブログやホーンページを運営するメリット

以上のような事は、自分がブログやホームページを作っていなければなかなか気づきにくいです。運営する側になって初めて気づくことがたくさんあります。

ブログやホームページを運営されたことがない方は、インターネットを通して「情報を得る側」です。でも、これらを運営すると必然的に「発信する側」にもなっていくわけです。

立場が変わるとネットの世界は全く違って見えてきます。

たとえば、メルカリやヤフオクで商品を「買うだけの人」と「売ることもできる人」では経験値が全く異なってきます。インターネット上のサービスを利用するときには、「いろいろな立場を経験してみる」というのが物事を広角的にとらえるうえで非常に重要だと思います。

このようなわけで、ぜひ皆さん、ブログやホームページの運営に挑戦してみてくださいね。わからないことがあれば、僕に聞いていただければできる範囲で相談にのれると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする