中学生レベルの数学・電気が理解できなくても「電験三種」に合格する方法(SAT通信講座) 電気が苦手な方向け!

非常に人気の高い資格の一つである「電験三種」。

生産管理や工場管理系の資格としても、高い人気を誇っています。

受験者数だけを考慮してみても、電験3種は技術系マンモス資格の部類に入ります

例えば、僕がホームページを作成している公害防止管理者試験の受験者はだいたい年間2万5千人程度。技術系の超有名資格(?)、電験三種の受験者数は毎年約6万人。(危険物乙四の受験者は年間20万人くらいおり、こちらが本当の意味でマンモスですが・・。)

技術系最高峰といわれる技術士試験(二次試験)の受験者も2万から3万人くらい。
ですから、技術系の中では受験者の観点から、結構名が知れた試験なのです

この資格取得に向けて、一生懸命に勉強されている方は多いと思います。しかしながら、結構難関な資格なので、以下のような状況の方が多いです。

  • 何年も受験しているけど、毎年不合格だ。
  • 電気や数学に苦手意識があり、受かる気がしない。
  • 科目合格しても、その有効期限が残っている間に、ほかの科目が合格できず、いつまでたっても最終合格できない・・・

そんな声を聴くことが多いです。

ですので、電験三種に関して私が思うのが、

中学校レベルの数学が微妙でも、電気の知識がほぼゼロでも、

そこから合格できる合格できる学習法が本要!!

と思うのです。

そして、それにはSAT通信講座(電験三種)が非常に向いている!!最適!!と思います。僕も実際に教材を取り寄せていますので、紹介したいと思います。

SATの通信講座なら中学校レベルの数学からスタートできる

中学校レベルの数学も少し微妙だなぁ。。と考えている方にお勧めなのが、SAT通信講座(電験三種)です。SATの通信講座では、一括セット購入者全員に「猫でも分かる電気数学講座」が付いてきます。

この教材が本当に素晴らしいんです。

この教材を利用すれば、電験三種受験に必要な数学が中学校レベルから復習できます。少し内容をチェックしてみましょう。内容は以下のようになっています。

目次

第一章 分数の計算

(1)四則計算を確認

(2)分数と小数

(3)分数の分数

第二章 累乗とルート

(1)指数

(2)平方根

(3)三平方の定理

第三章 式の計算と方程式

(1)文字式

(2)式の展開

(3)因数分解

(4)一次方程式

(5)式の変形

(6)連立一次方程式

(7)二次方程式

第四章 三角関数

(1)三角比

(2)三角関数の値の範囲

(3)余弦定理と加法定理

(4)弧度法(ラジアン)

(5)三角関数と交流

第五章 ベクトル

(1)ベクトルとは

(2)ベクトルの成分表示

(3)ベクトルの極座標表示

(4)ベクトルの内積と力率

第六章 複素数

(1)複素数とは

(2)複素数とベクトル

(3)複素数によるベクトル演算

一般的な電験三種の教材の場合、このレベルの数学は「理解している前提」でテキストが書かれています。でも、意外とこのレベルで「つまづく」方が多いのです。「猫でも分かる電気数学講座」はそんな方に最適です。

非常に簡単なレベルからスタートしていますし、電験三種の合格に「本当に必要」な数学の知識のみが「ギュッ」と詰め込んであります(一般の、中学校・高校の教科書や参考書のように電験三種に必要のない数学を勉強して、時間を浪費することを防げますね!!)

ですから、僕は、方程式ってどうやって解くんだっけ? というレベルの方も、合格レベルに持っていくことのできる優秀な教材である!!と思っています。

たとえば、平方根の説明・・といった簡単な内容からスタートしています。

これなら、数学が苦手な方でもついていけると思います。

電気が苦手でも、ド素人でもOK

SATの通信講座では、一括セット購入者全員に「猫でも分かる電気基礎講座」が付いてきます。この内容も本当にわかりやすいんです。

内容は以下の通りです。

目次

第一章 直流回路
(1)電気の正体
(2)オームの法則
(3)抵抗率
(4)抵抗の直列接続と並列接続
(5)電力と電力量
(6)熱量(ジュール熱)

第二章 交流回路
(1)交流電圧・電流
(2)コイルとコンデンサ
(3)リアクタンス
(4)RLC直列回路
(5)RLC並列回路
(6)交流の電力と力率

第三章 三相交流回路など
(1)三相交流
(2)配電方式
(3)単相2線式配電の電圧降下・電力損失
(4)単相3線式配電の電圧降下・電力損失
(5)三相3線式配電の電圧降下・電力損失
(6)照明機器
(7)変圧器

第四章 電磁力
誘導電動機

このように、電気が苦手な方、ド素人でも理解できるように工夫されています。電気とは何か?電気の正体とは?という基礎的な内容からスタートしているのが本当に素晴らしいですよね!!

付属しているDVDの内容も充実しており、以前に「電気が苦手な人は電気を「水」に例えて考えると分かりやすい」という記事で書いた内容についても、この参考書およびDVDに収録されています。

サンプル動画を参考にしてくださいね。

電気を水に例えてオームの法則を説明している動画です。

だまされたと思って、一度見てみてください(笑)。

どうですか? 超絶分かりやすかったでしょう(笑)?

このような点でも、SATさんの通信講座はお勧めできます!

そして、それ以外にも充実した教材たち

当然、上記の基礎講座のテキストやDVD以外にも、非常に充実した教材や動画DVDが含まれています。ですから、基礎的な内容から実際に電験三種に出題される応用問題まで、すべてカバーしており、SATさんの通信講座だけで電験三種に確実に合格できるようになっています

教材の量とクオリティーに驚かれることと思います!

(実際、私も非常に驚きました)

他の通信講座とSATさんの通信講座を比較してみました!

世の中にはたくさんの通信講座があります。そのなかでも僕はSATさん推しです(笑)。

客観的に比較してみるとどうでしょうか?

点数付けをし、SATさんが優れている箇所を(◎もしくは○)、あまりわからない箇所を(△)、SATさんが劣っている箇所を(×)としています。

大手通信講座とSAT通信講座の比較

比較項目 大手講座(Y) SAT通信講座 SATの方が
優れている
評価 点数 評価 点数
教育訓練給付制度対象か? 対象 5 対象 5
DVDはあるか? なし 0 あり 5
e-lerningはあるか? あり
(但し、ポイントのみ)
3 あり
(テキストに完全対応!)
5
添削指導があるか? あり
(10回の添削)
5 なし
(ただし10回以内の質問が可能)
4
無料資料請求 あり現在、無料動画配信による形となっています! 5 あり 5
受講前に
教材を試せるか?
資料請求すれば一部可能 2 資料請求可能。
無料でYOUTUBE上で
講義動画閲覧可
4
MP3教材があるか? なし 0 あり
(講義内容をMP3でも学べる)
3
合わなかったときの
返金制度があるか
なし 0 30日以内の返金制度あり
(一部条件あり)
3
費用 約7万円 4 約3~13万円
(教科ごとの受講可)
2 ×
総合評価 24点 36点

こうやってまとめてみると、SATさんの通信講座が圧勝です!

唯一、受講費用がSATさんが負けています。ただし、SATの通信講座は教科(科目)ごとに受講できます。すでに科目合格している教科を省略したり、圧倒的に得意な科目を省略することで安く受講することができますね。

表では紹介しませんでしたが、SATさんのトリプル保証は素晴らしいです。

以下にその内容を抜粋しています。

特徴7 トリプル保証で3つの安心

  • 30日間返金保証:ご購入から30日以内であれば全額返金いたします。
    ※送料と代引き手数料はお客様負担とさせていただきます。
  • 破損・不具合のDVD:1年間何度でも無償交換します
  • 不合格時、質問サポート延長サービス

教育訓練給付制度を利用しよう!!

SATさんの電験三種通信講座は「教育訓練給付制度」の対象講座となっております。

「教育訓練給付制度」とは何か? これを使って学習するのは社会人の特権

社会人の方のほとんどは利用可能だと思います。受講金額の20%の補助が出ますので、是非活用しましょう。SATさんの通信講座の申し込みの際には、以下のようなチェックをする箇所があります。

適用したい方は、忘れずにチェックしてくださいね!

申し込みは以下からできます

下のバーナーからSATの通信講座に移動します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク