雑談掲示板

公害防止管理者等国家試験を受験する方や受験をお考えの方の意見交換をする掲示板的な役割として、コメント欄を活用していただこうと思います。

勉強方法や使用している問題集など、色んな疑問や質問などの情報交換に利用していただければと思います。

是非、ページ下部のコメント欄をご活用ください

なお、コメントを利用する場合に、メールアドレスは必須ではありません

メールアドレスの欄は空欄でも、コメントできるので、お気軽にご利用ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. めたのさえた より:

    テスト

  2. フミ より:

    書き込みも かなり久しぶりです。

    年をとると 覚えられなくなって資格とかとれない。
    という事を言う人がいますが 半分本当で半分ハズレです。

    確かに 10代~20代前半までは スナップショットを撮るように
    暗記が出来て その後はどんどんできなくなりますが
    歳をとってからだと 理屈や名前の由来とかを理解すれば ちゃんと覚えられます。

    現に私は50代ですが 年に3つくらい(雑魚資格含めて)は取得できてます。
    公害防止も40代から始めて大気1・水質1 騒音振動(科目1中)。

    • めたのさえた より:

      フミさま

      変わらぬ継続学習、恐れ入ります。
      私もフミ様を見習って、勉強した記録を定量的に残すためにも、資格の勉強を継続していきたいと思います。

  3. フミ より:

    ○試験の出席について
     試験は当日のっぴきならない理由がない限りは
     負け試合確定でも受験した方がいいです。

    理由は
    ・年1回の試験だとよっぽど試験なれしていないと
     試験の雰囲気に飲まれて実力が出せないとかがままあります。
     それが初回だったら尚の事で 初回を棄権したら来年また初めてが来る事になります。

     また、自分の立ち位置(学習の度合い、理解度や時間配分)を確認するためにも
     負け試合確定でも受験はした方がいいです。

  4. フミ より:

    老婆心でいろいろ書きます。あくまで私見です。

    ○学習計画を立てよう
     「そんもの立てたって どうせ守れるはずないじゃん」と言われる人もいるかもしれません。
     ま、実際 私も守れた試しないです。大体計画の6割いったらいい方です。
     それでも 何も立てないよりはましで 始めと中間くらいと終盤のやる気にはなります。

     じゃどんな感じで立てればいいのか
     ・無理のない計画
      やりたい事を犠牲にするのはモチベ自体下がります。
      今まで惰性でやっていた事を削る。(どのくらいか削るかは人それぞれ)

      私なんかはメンドクサイので計画の枠は2週間くらいで都度見直してます。
      日とか週でこれだけ学習やるとか見積もり立てると息が詰まってしまうもので。

     こんなおおざっぱなものでも 計画たてないと際限なくサボってしまうので
     計画は立てた方がいいのではないかと思います。
     

  5. フミ より:

    >公害防止管理者試験の実施回数コラムについて
    確かに年一回というのは チャンスとモチベーション維持の面でも少ないと思います。
    最悪認定講習で取得もできますが 企業体力があるところでないと人も金も出せないところ。
    同じく規定に入る工場で必要な資格「電験三種こと第三種電気主任技術者試験」は
    今年から年二回の開催になりました。
    公害防止管理者・エネルギー管理士 も規定に入る工場では資格者必須なので
    年二回にしてもいいと思います。

  6. フミ より:

    ○ 法規について

    私も昔は法規はなんだか苦手でした。
    分かりにくい文言で 数値や誰がどうするとか
    「こんなの暗記すんのー?」という感じ。

    でも、ある時
     法規は「基準と責任範囲だ!」という事に気づいてからは
     「もしかして 他の範囲より点取りやすいかも」と感じてます。

     ・物質の環境基準とかは 一番多い数値を覚えて
      それに対して数値が何倍か?という形で覚えてます。
      問題でよく出るのは数値が極端に低い(つまり危険度が高い)ものだったりします。

     ・責任範囲はそれは誰の持ち分かということです。
      方針や基準は国の責任、都市計画や河川に係わるところは知事
      地域レベル(火事とか騒音)なら市町村という目線で見ると覚えやすいです。

      私はそこから 数値や期間に関わる部分は棒グラフ
      責任範囲は集合図なんかでまとめます。

  7. フミ より:

    ○ 集中できない場合

    まあ、私もあんまり集中できる方 じゃないんですが
    とりあえず環境を変えます。

    中には 「そんなことしなくても やる気の問題でしょ」という方もいるようですが
    私は家にいると誘惑してくる雑音(TV・PC・その他)があるので
    ほぼ チェーンの喫茶店に行きます。
    「金がもったいない」という意見もあるかもしれませんが
    試験にかける労力と時間を買っていると思いこむようにしてます。

    あと天気がいい時には 公園でベンチに座りながらとか
    どっか遊びに行くときには電車の中で勉強したりします。
    特に電車内とかは「到着すれば 自分の好きな事ができる」と
    いうふうに(ある意味捻じ曲げた)モチベーションをかけたりします。