公害防止管理者【大気関係】とは

大気関係公害防止管理者は、大気関係第1~4種公害防止管理者の4種類に区分することができます。それぞれ合格した「種」によって選任され得る範囲が異なってきます。(下記の表を参照)

私個人としましては、断然第1種をお勧めします。
1種は第1~4種までが必要な施設のすべてを網羅することができるからです。
そのことを以下の表で示しています。

*ここでは「大気関係」公害防止管理者について説明しているので、「大気関係」を省略する。

公害発生施設の区分

公害防止管理者の種類

資格者の種類

カドミウム・その化合物、塩素・塩化水素、ふっ素、ふっ化水素・ふつ化けい素、又は、鉛化合物を含むばい煙を発生する施設(大気関係有害物質発生施設)で、排出ガス量が1時間当たり4万m3以上の工場に設置されるもの。 第1種公害防止管理者 第1種
大気関係有害物質発生施設で、排出ガス量が1時間当たり4万m3未満の工場に設置されるもの。 第2種公害防止管理者 第1・2種
大気関係有害物質発生施設以外のばい煙発生施設で、排出ガス量が1時間当たり4万m3以上の工場に設置されるもの。 第3種公害防止管理者 第1・3種
大気関係有害物質発生施設以外のばい煙発生施設で、排出ガス量が1時間当たり4万m3未満の工場に設置されるもの。 第4種公害防止管理者 第1~4種
補足
特定粉じん(石綿)発生施設 特定粉じん関係公害防止管理者 第1~4種
特定粉じん関係
一般粉じん(石綿以外のもの)発生施設。 一般粉じん関係公害防止管理者 第1~4種
特定粉じん関係
一般粉じん関係

1種はすべてを網羅しているからといって、他に比べて難易度が極端に高いわけではありません。科目数や問題数が少し増えたりするほかは、ほとんど変化がありません。そのため、1種の受験がお勧めなのです。
(ただし、会社などで早急に特定の資格が必要な場合などは、この限りではないでしょう。)
キャリアアップのための受験、就職や転職対策の受験には是非1種を受験してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする