中国の高速鉄道乗り方と感想 日本の新幹線との違いは?

中国の高速鉄道(日本でいう新幹線)に乗車することが多い僕です。日本の新幹線より揺れが少なくて非常に気に入っているんですよね(2011年に高速鉄道は大きな事故を起こしています。そしてその鉄道を被害者と一緒に埋めた・・・というエピソードは怖いですが・・)。

中国の高速鉄道はそれほど高くありません。

感覚的には日本の新幹線の半額のイメージです。

中国高速鉄道は非常にコスパが高く利用しやすいのです!!

今回の記事では、中国の高速鉄道をよく利用する僕が、乗車の仕方や、感想、日本の新幹線との違い(比較)等をまとめてみようと思います。

僕は、一等座しか乗ったことがありません。ですから、一等座ベースの話になることをお許しください。中国の高速鉄道にはビジネスクラス、一等座、二等座の3種類があります。ですから、一等座は真ん中のクラスに当たりますね。

乗車方法やチケットの買い方が日本と違う

中国の高速鉄道が、日本の新幹線と違うところは以下の通りです。

(1)切符買うのに身分証明書が必要。
  ⇒外国人はパスポートでOK(というかパスポート必須)
(2)駅に入る前にセキュリティチェックがある。
(3)常時、ホームに行くことは出来ない。
(4)正在検票となっているときしか、ホームに行けないので注意

切符を買うのに身分証明書が必要&駅に入る際にセキュリティーチェックがあります。日本では、そのようなことはありませんよね。

切符買うのに身分証明書必要で、駅に入る前にセキュリティチェック有り

日本では、近年新幹線の中で、「無差別殺傷事件」や「ガソリンを使っての焼身自殺に巻き込まれて乗客の方が亡くなる」などの痛ましい事件が起きてしまっています。

この点、中国ではセキュリティーのチェックと身分証明書の提出というルールがありますので、比較的安全だと思います。

しかし、しかしその分、乗るまでにどうしても時間がかかってしまします(飛行機ほどではないですが・・・)。

乗車するのが楽な「日本の新幹線」と乗車するまでに時間がかかる「中国の高速鉄道」利便性とセキュリティーを天秤にかけるとどちらがいいのでしょうね。。

日本の場合、あまりセキュリティーを厳しくすると、飛行機にお客を取られてしまう可能性がありますが。。あまりセキュリティーが緩いのも考えものです。日本の新幹線はどうなっていくのでしょうかね

常時、ホームに行くことは不可。指定された時間のみ

中国の高速鉄道では、常時ホームに行くことは出来ません。乗車する車両が到着する指定された短い時間(正在検票となっているとき)の間しかホームに行けません。

もちろん、チケットを持っていない人はホームに入ることが出来ません。

これにより、「ホームの混雑を防ぐ」「ホームでの事故を防ぐ」ことが出来ていると思います。

しかしながら、日本では新幹線のホームまで家族や友人、お客様を見送りに行く・・・というのが、ひとつの見慣れた光景になっていますよね。日本でこの風景が無くなってしまうのはさみしいような気がします。

さらに、中国の駅舎は大きいので、そのような対応が難しくありませんが、日本の小さな駅舎ではこの対応は出来ないかもしれませんね。

中国の高速鉄道の感想

日本の新幹線より振動や揺れが少ない気がする

日本の新幹線と比較して、カーブが少ないことも影響しているのでしょうか?揺れが少ないです(ここでは優れた技術により揺れないとされています)。

乗車していても、確かに走行が安定しているような気がしています。

乗っている感じでは、日本の新幹線より中国の高速鉄道の方が安全な感じがするんですよね・・・。

車内も快適、水やジュース、お菓子がもらえる。

(1)水やジュース、お菓子がもらえます(もらえない時もあり)

このサービスは一等座以上限定です。

正直言って、あまり美味しいとは言えませんがお菓子がもらえます。そして、水やジュースももらえます。ちょっとだけ嬉しいです(大抵残してしまうんですが)。

(2)シートがゆったりしている

一等座しか乗ったことがありませんが、新幹線のグリーン車よりゆったりしている気がします。ううーーん。日本の新幹線が快適さでは負けている気がします。

(3)充電用コンセントあって便利

最近、日本の新幹線にもありますが、中国の高速鉄道にもしっかり完備されています。


やはり、中国高速鉄道は日本人に大好評みたいです

以下に、中国の高速鉄道に乗車された方の体験ブログ記事等を掲載しています。どの方も大抵良い感想を持たれています。

中国の新幹線すごすぎてふいた!グランクラスなど足元にも及ばない

中国高速鉄道 CRH380A/AL 和諧号

中国高速鉄道の一等座にはお姉さんの接遇とおやつがついてくるのだ。

どうでしたか?

僕もお気に入りの中国高速鉄道。

皆様も中国に行かれる際には、是非お試しくださいね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする