上海浦東空港から上海虹橋地区(虹橋駅/虹橋空港)へバスで移動する方法

中国に出張の多い私。

上海に行くときは大抵、上海浦東空港におります。そこから更に、上海虹橋駅へ移動し、高速鉄道に乗ります。

今までは、大抵、タクシーを使って移動していました。

しかし、タクシーで浦東空港から虹橋まで行くと250元くらいかかるイメージです。

便宜上、1元20円として計算すると、なんと5000円。うーん。考えたらすごく高い。

仕事で行くので経費です。自分の懐は痛みません。

とは言え、節約したい。

そして、バスルートを経験してみたい!

そうまずは、冒険心が一番です。

そう思って、バスルートに挑戦してみました。

バスは浦東空港から虹橋空港経由で虹橋駅まで走る路線です。

値段は30元。

さっきのレートで計算すると600円です。

1時間半位かかる路線にしては安いかな。と思います。

今回、私は初めてバスルートを採用しましたので、
忘備録として、以下に、上海浦東空港からバスで、上海虹橋駅に行く方法をまとめました。虹橋空港に行く場合もほとんど同じなので参考にしてください。

虹橋空港到着

虹橋空港に到着後のルートです。私の場合はターミナル1から出発です。

まずは空港を出ます。そして以下の流れとなります

1. 一号線のバスに乗る
空港から出てバス乗り場を目指します。一号線の看板を目指して歩けば、迷うことはありません。ここで迷うことはまずないでしょう。

バス停を目指す

バス停に向かいます

この看板の前で待っていると、すぐにバスが来ます。

この看板が1号線です。

英語ではAirport bus line No.1と書いてあります。

スーツケースはバスの下の荷物入れへ入れるように指示されます。大きなスーツケースを持っていても安心なシステムでした(スーツケース持っていたら乗りにくいとかないかな・・・とちょっと心配してたんですよね。そりゃ空港のバスだから大きな荷物を持っていることを想定していますよね・・・・)。

2. 車内で30元払う
お金は車内でおばちゃんが回収に来ます。領収書貰えるかどうか心配でしたが、きちんともらえました。これで大手を振って経費申請できます。わずかな金額ですが、ちゃんと申請します(笑)。

3. シートベルト着用
意外に思ったのが、シートベルト着用指示があることです。しかも、みんな素直にその指示に従っています。中国でもこういうルールはきちんと守るんだなあ。意外だな。
ちなみに、中国語でシートベルトは安全帯と言います。“あんじぇんたい“と発音します。ほとんどそのまんまですね。

4. あとは虹橋に向かう
虹橋空港と終点の虹橋駅だけ止まります。駅に行く方は、間違って空港で降りないように。
ちなみに、中国語で、以下の感じで発音します。聞き取れるはずですよ。
虹橋空港:ほんちゃおじーちゃん
虹橋駅:ほんちゃおじゃん
発音テキトーですが(笑)。

という事で、無事、虹橋駅到着。
切符を買って高速鉄道に乗れました。

さて、まとめます。

上海浦東空港から虹橋空港もしくは虹橋駅への行き方

1.一号線のバスに乗る
スーツケースはバスの下の荷物入れへ

2.車内で30元払う
車内でおばちゃんが回収に来る
領収書貰える

3.シートベルト着用

4.あとは虹橋に向かう

以上。

これだけの内容を覚えておくと問題ないと思います。

やってみると全然平気です。
皆さんにおススメです!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする