大規模大気特論 大気境界層について

大気境界層の概念

高度1-2kmの低層大気は地表面の熱的影響力学的影響を直接受ける部分で、大気境界層と呼ばれている。最も単純なのは平たん地上に形成される境界層で、大別して混合層安定層中立境界層がある。太字下線の部分を覚えておくとともに、下の図を暗記しておくことが必須である。


この部分は試験で頻出なので覚えておきましょう!!
コンスタントフラックス層にも要注意です。

大気境界層の詳細

(1)混合層の頻出ポイント
 ・混合層の厚さは明け方から成長し、午後になると成長が次第に遅くなる。
・午後3時くらいで厚みが最大になり、成長が止まる。
・混合層の上端では熱対流細胞(セル)が相対的に熱い上空の安定な大気に
突っ込んでおり、温度の逆転が発生する。
・温度逆転層は、上方の煙の拡散を停止させるので、ちょうど「ふた(リッド)」の
ような働きをする。

(2)中立層(強制対流層)の頻出ポイント
 ・風の強い時や曇天で日射の無い場合に形成される。

(3)安定層(温度逆転層)の頻出ポイント

下記の表の内容がよく出題される。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする