大規模大気特論 大気汚染シミュレーションにおける濃度の平均化時間について

頻出ポイントである大気のシミュレーションにおける平均化時間について解説です。

大規模大気特論の拡散の問題は範囲&出題範囲が比較的狭くて、覚える気になるんです。でも今回取り上げた、技術と法規の「大気環境の予測と評価」以降の項目って範囲が多くて覚える気になりません。

 頻出ポイントと、
全体像を把握しておくと良いでしょう。
マニアックな問題は捨てることです。

(例えばある年には、どの国から産出される原油が一番、硫黄分が低いでしょう?みたいな問題も出ています。まさに、重箱をつつくような問題。)

————————————-
大気汚染におけるシミュレーション時間は頻出。
雰囲気を覚えておくことが大切と思います。

数秒の平均化時間のもの
⇒有害化学物質、引火性ガス、爆発性ガスの事故流出

数分の平均化時間のもの
⇒悪臭、化学物質の漏えい

1時間の平均化時間のもの
⇒SO2、NOx、COなどの大気汚染物質

1ヶ月から1年の平均化時間のもの
⇒CO2、オゾンなど
————————————-

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする