水質概論 窒素とリン

Mさんの質問
湖沼や貯水池における藻類量と栄養塩との関係で、リンの方が窒素よりも相関が高いのはなぜですか?
基本的な質問ですみません・・・。

管理人 めたのさえた の回答
とっても難しい質問ですね。言葉の表現が難しいというか。。。
個人的な考えですが、窒素とリンはどちらとも生体必須元素なので「どちらが相関が高い」とは言うには論理性が無いような気がします。どちらかが無ければ
生物は生きることができないのですから。
しかし、確かに、リンは窒素より重要になる場合があります。ここで重要なポイントは微生物が増殖するのに乾燥重量でリンは1%前後、窒素は5%前後必要
ということです。
環境と微生物(産業図書) 」にはこのような記載がありました。

窒素制限環境では1mgの窒素があればその20倍の菌体を合成できるし、リン制限環境では1mgのリンがあればその50~100倍の菌体を合成すること
ができることになる。各種水域で増殖した藻類等の菌体は最終的には死滅し従属栄養細菌によって分解されることから、増殖した藻類は有機汚濁物質と見なす
ことができる。すなわち、閉鎖性水域には1mg/Lの窒素が流入した場合には約20mg/Lの有機物が、1mg/Lのリンが流入した場合にはおよそ
50~100mg/Lの有機物が流入した場合と等価になる。

このような考え方をすれば、確かに、リンの方が相関性が高いとも言うことができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする